自動ファームウェアアップグレードについて

Seungmin
Meraki Employee

本記事では自動ファームウェアアップグレードについてご紹介させていただきます。

 

■自動ファームウェアアップグレードとは?

Merakiでは安定したサービスを提供するために、Firmware Upgradeのスケジュールを登録する場合がございます。

MerakiによるFirmware Upgradeのスケジュールは、スケジュールされている日より1~2週間前には管理者へメール及びDasboardのバナーより通知されるようになります。

 

またMerakiより設定されたスケジュールは、都合に応じて延期することも可能です。

 

■通知メールサンプル

件名:Scheduled maintenance for network "test - appliance" in organization My Home NW

本文:以下の添付をご参照ください。

On September 22, 2021, between 100 AM and 300 AM JST, the appliances in the network.png

 

また自動ファームウェアアップグレードにつきましては、以下のいくつかの特徴がございます。

 

■現在ネットワークのFirmwareタイプに応じた自動スケジュール。

現在ネットワークで設定しているファームウェアのタイプ(安定版、安定版候補、Beta)に応じて、スケジュールされるファームウェアも異なります。

 

例えば、現在ネットワークのファームウェアが安定版(Stable)が設定されている場合には、

新たな安定版(Stable)バージョンがリリースされる場合に限り、安定版(Stable)のファームウェアがスケジュールされるようになります。

 

※ただ、安定版候補の場合、全体のノードが概ね20%以上となったタイミングに限り、

 安定版(Stable)へ最終的なレビューが行われるため、

 一部の安定版(Stable)のネットワークにおいては、安定版候補とスケジュールされる場合がございます。

 

■Organization単位ではなく、ネットワーク単位でスケジュール。

自動ファームウェアアップグレードは、ネットアーク単位でスケジュールされるため

Organization内の全てのネットワークが、同様の日にスケジュールされない場合もございます。

 

■デバイスが1つも登録されていないネットワーク。

ネットワークにデバイスが1つも登録されていない場合は、1~2週間後のスケジュールで設定されることはなく、即時で設定される場合がございます。

 

■新たなファームウェアのリリース直後にスケジュールされるわけではない。

新たなファームウェアがリリースされた直後、すぐに自動ファームウェアアップグレードがスケジュールはされません。

セキュリティーや、Uptime、互換性等の要因によって、自動ファームウェアアップグレードの設定されるまで、数週間かかる場合がございます。

 

■自動ファームウェアアップグレードを無効化することはできない

Merakiでは、安定したサービスを提供するために自動ファームウェアアップグレードを実施しており、

設定されているスケジュールを管理者が延期することはできますが、完全に無効化することはできません。

 

 

※参考URL

[Best Practices for Meraki Firmware]

https://documentation.meraki.com/Architectures_and_Best_Practices/Cisco_Meraki_Best_Practice_Design/...

 

9 コメント